̎qw

施設の目的 児童福祉法第43条に基づき、知的障害のある就学前のお子さんを毎日お預かりし、発達支援を行う施設です。

光の子学園概要光の子学園概要

施設名 児童発達支援センター
光の子学園
光の子学園
施設長 山下 学
所在地 北九州市門司区谷町1丁目8−8
電話番号 093-332-0515
FAX 093-332-4799
URL http://www.hikarinoko-kai.or.jp/hikarinoko-gakuen/
園庭 航空写真

施設の概要

光の子学園は、日本福音ルーテル門司教会付属門司幼稚園の園庭を開放し(1966年)、知的障がい児たちが安心して遊べる場所を作る、という働きから始まります。

そして、その働きが北九州市に認められ、市からの委託事業として、市内唯一の就学前幼児のための「光の子養護母子学級」(1969年)を開始。その後、1972年(昭和47年3月)に法人認可を受け、社会福祉法人光の子会を設立、1973年(昭和48年4月)に知的障害児通園施設「光の子学園」が開設されました。

光の子学園は、児童福祉法に基づき就学猶予・就学免除のお子さんを受け入れる知的障害児通園施設(定員30名)として現在に至っています。

また、平成12年には相互利用制度が始まり、定員の2割まで肢体不自由児が入園可能になりました。そこで、肢体不自由のお子さんの介助を行うために、職員の定員以外に1名の介助員を配置しています。また、職員配置の最低基準は4対1の配置となっていますが、光の子学園では概ね3.3対1を下回らないように職員配置を行っています。

事業内容

児童福祉法に基づき、学園所有のマイクロバスで毎日ご家庭までの送迎を行い、独立自活に必要な発達支援を行っています。また、1クラスの人数は、児童福祉施設最低基準に基づき、概ね10名で構成し、発達支援を行っています。発達支援は、集団での活動、個別指導を行っています。

開設当初から、子どもたち一人ひとり、その家族にとって、また職員にとって、ここが大切な場所、成長の場所となるように努めています。

光の子学園地図光の子学園地図


大きな地図で見る

JR鹿児島本線門司港駅下車、西鉄バス山手経由田浦行き
(94番、95番、96番)乗車、谷町下車すぐ

光の子学園ホームページはこちら!
http://www.hikarinoko-kai.or.jp/hikarinoko-gakuen/