市立ひかり工芸舎

地元の企業さんの委託作業と、工芸舎オリジナル製品の製作販売をしています

市立ひかり工芸舎概要市立ひかり工芸舎概要

施設名 [生活介護・就労継続支援B型]多機能事業所
ひかり工芸舎
市立ひかり工芸舎
施設長 吉村 久子
所在地 北九州市門司区風師4丁目12番26号
電話番号 093-322-5466
QRコード
FAX 093-322-5467
URL http://www.hikarinoko-kai.or.jp/hikari-tanimachi/
商品 ポン菓子 お皿

施設の説明

「この子らにも働く喜びを!」と願う親たちが自ら始めた作業所は、親子で働く母子作業所でした。

それから8年、厚くて高い無理解という壁を親子で何度も乗り越えた末に、ようやく念願叶って、1976年(昭和51年)9月1日、知的に重い障がいがある人々の働く場として、北九州市で最初に開設されたのが、ここ、北九州市立ひかり工芸舎です。門司の街や関門海峡が 見下ろせる場所にあり、現在は18歳から70歳になる方々が、自宅やホームから毎日通っています。

この35年の間、それぞれに年を重ね、たくさんの経験を重ね、取り巻く環境も、求められることも少しずつ変わってきましたが、ひかり工芸舎にある笑顔(・・怒った顔に泣いた顔も)と、笑い声は、昔も今も同じです。

活動内容

地元の企業さんの委託作業と、工芸舎オリジナル製品の製作販売をしています。委託された簡易作業も自主製品の製作も、そのほとんどを利用者の皆さんが手作業で行っています。そして自分の仕事として、準備から片付けまで責任をもって取り組んでいます。作業で得た収入は、毎月のお給料と年3回のボーナスで、皆さんに還元しています。

「仕事の時間」とは別に、思いっ切り楽しく過ごしてもらう「自分の時間」も作っています(仕事も楽しいですけどね・・)。月に1度のクラブ活動とリフレッシュ活動は、皆さんの希望を取り入れて計画し、お祭りや七夕、運動会、クリスマス、お餅つきなどの季節行事では地域の方々と交流しています。食事会や旅行、バスハイクなど、楽しいことがいっぱいです。

作業活動 余暇活動
地元企業からの委託作業
紙器加工、シール貼り 他
自主製品製作販売
菓子:
ポンせんべい(4種)
ラスク(4種)
陶芸:
干支土鈴、転写食器

手作り雑貨:
クリップ
ヘアアクセサリー
アクリルタワシ 他

クラブ活動(月1回)
乗車クラブ、アウトドアダイエットクラブ、映画クラグ、家庭科クラブ、カラオケクラブ、パソコンクラブ
リフレッシュ活動(月1回)
映画鑑賞、買物、カラオケ、温泉、野球観戦、プール、ボウリング、お餅つき 他

市立ひかり工芸舎地図市立ひかり工芸舎地図


大きな地図で見る

西鉄バス二夕松バス停下車徒歩2分

市立ひかり工芸舎ホームページはこちら!
http://www.hikarinoko-kai.or.jp/hikari-tanimachi/